アレルギー症状の一つ、じんましんを皮膚科で防ぐことはできるのか

じんましんの現れ方

じんましんは特定の条件が重なったときに現れます。血管の一部がぷくっと膨らみ、表面上は赤いまだら模様のように見えるでしょう。このとき、血管を拡張している成分が神経に影響を及ぼし痒みが生じるのも特徴です。

急性と慢性の違い!

急性じんましん

発症して1ヶ月以内のものを「急性じんましん」と呼びます。身の周りの細菌やウイルスなどに感染することで現れます。

慢性じんましん

発症して1ヶ月以上経つものを「慢性じんましん」と呼びます。急性じんましんが原因特定しているのに対し、こちらは全く原因不明の為、改善が難しいとされています。

アレルギー症状の一つ、じんましんを皮膚科で防ぐことはできるのか

医者

原因を避けるのが一番

じんましんが現れる条件の一つに食物アレルギーがあります。アレルギーは完治できるものではないので、この場合だとその原因となる食物を避けることが一番の対策になります。皮膚科を含む総合病院では、どんな食物アレルギーをもっているのかと検査することも可能なので、見に覚えがなくじんましんが現れたら、まずは一度アレルギー検査を受けてみるといいでしょう。

婦人

痒み作用を抑える薬

じんましんの仕組みの中で、ヒスタミンという痒み作用が働くことがわかっています。そのヒスタミンが激しくなることで、じんましんが発症している本人には耐え難い痒みが襲いかかってくるでしょう。じんましんそのものの治療薬はありませんが、抗ヒスタミン剤は杉並区の皮膚科でも処方されるので、症状が現れたときの負担を軽減することが可能です。
その他、漢方薬なども痒み軽減の為に用いられていますが、あくまで軽減であり、じんましんが完治するものではありません。

白衣の人

疲労やストレス解消

皮膚科での指導でもありますが、じんましんの症状を出さない為にはその原因に近づかないことが一番です。食物アレルギーであればそれを口にしないことが対策にあたるでしょう。
それだけでなく、じんましんを引き起こす要因には食品添加物やウイルスによる感染、日光や振動などの物理的刺激の他、精神的なものも含まれています。普段から疲労・ストレスが溜まっているなら解消させることもじんましん発症を抑える秘策になりますよ。

広告募集中