治療を始めるその前に

治療が完了するまでに掛かる費用は大切なところ。その為、しっかり「保険診療」と「自由診療」の違いを知っておきましょう。保険診療は健康保険に加入している誰もが利用でき、自己負担は3割のみとなります。(高額医療費制度は一定額以上の治療費負担があった者のみ受けられます)しかし、保険適用外となる自由診療だと全額自己負担となるので、あらかじめ予算を考えた上で決断しましょう。

綺麗な肌をキープしたい人におすすめ!皮膚科や医療機関で美肌GET

病院

保険適用治療

東京の墨田区にある皮膚科は、これまで多くの人の肌トラブルを解消してきました。その治療の中でもニキビ治療は大人気です。ニキビは誰もがなりやすい肌トラブルでありながら、自分の力で治すことが難しいのです。ニキビ患部に直接塗る薬には外用イオウ製剤、漢方薬、抗菌薬があり、ニキビ改善に非常に役立ちます。
薬局で購入するよりも保険適用内で処方される方が断然安い上、効率よく美肌を目指すことができます。

保険適用外治療

肌は定期的にターンオーバーを繰り返しています。しかし乱れた生活習慣によってそれが狂ってしまうことも。そんな肌にはケミカルピーリングが適しています。
ケミカルピーリングというのは古い角質層を剥がし、その下から新たな皮膚を再生させる施術を指し、もたらす美肌効果は非常に高いもの。しかしこれは保険適用外での治療になります。金額は皮膚科によって異なるのであらかじめ問い合わせておきましょう。

汚肌を作り出す習慣ワースト3

no.1

紫外線

美肌を守るとき、最もやってはいけないことが紫外線対策をサボることです。紫外線を浴び続けると肌内部でメラニンが大量生成され、それがやがてシミへと変わっていきます。紫外線が弱まる冬であっても日焼け止めは欠かせないですよ。

no.2

ストレス

極度のストレスが溜まると、体内で活性酵素が増えていきます。活性酵素は周りの細胞を傷つけてしまう為、その刺激から守ろうとメラニンが生成されてしまうのでストレスはシミ増加に直結するのです。適度にストレス解消することを心がけましょう。

no.3

食生活

三食しっかりご飯を食べることは大切ですが、毎食脂っこいものを食べると皮脂分泌が過剰に働いてしまいます。皮脂は本来肌を守る為のものですが、大量に分泌されると毛穴が詰まりやすく、ニキビの初期段階白ニキビへ変化します。

保湿はたっぷりと行なう

美肌の為に一番効果的なのは保湿です。潤いは加齢と共に減少していくので、外部からしっかりコラーゲンやヒアルロン酸を取り入れる必要があります。京都の皮膚科では乾燥を効果的に防ぐクリームも処方しているので、コスパよく肌の潤いを保つことができますよ。

悩める肌トラブル・・気になる質問へのアンサー

大人ニキビと思春期ニキビは何が違うんでしょうか?

皮脂分泌が激しくなりやすい思春期には、額から鼻筋にかけてニキビができやすくなります。一方で大人ニキビはホルモンバランスの変化で現れます。思春期ニキビと比較して治りにくいのも大人ニキビの特徴で、完治を目指すなら早期治療が一番です。

紫外線は乾燥も招きますか?

はい!保湿なしに紫外線を浴びると、みるみる乾燥肌へ変わり刺激に弱くなってしまいます。そうすると少しの摩擦でも肌トラブルを招き、負のスパイラルになるので保湿と紫外線対策はしっかり行ないましょう。

皮膚科に子どもも通えますか?

子どもももちろん皮膚科に通えます。ニキビ治療に特化した皮膚科では、思春期ニキビに悩む学生患者も多く足を運んでいますよ。人気ある皮膚科だと待ち時間が長くなりやすいので、事前の予約をおすすめします。

調布でニキビを治そう

広告募集中